石川で異なる分野に転職するときのポイントです

石川で転職を行う方はほとんどの場合、これまで自分が働いてきた分野に転職しますが、中には全くの異分野に転職される方もいらっしゃいます。どちらにせよこれまでの社会経験やスキルを売りにしなければ転職は成功しませんが、同業種からの転職と他分野からの転職ではアピールするべきポイントは異なります。例えば事務職ならば基本的な電話対応や書類の整理などは各社共通していることが多いので、同一分野間での転職ではこれまでの自分のキャリアが大きな武器になります。

その他にも医療品や食品など業種の分野別に考えても、同一の分野では共通している点が多いので、転職では全くの門外漢よりも有利に進められる可能性が高くなります。しかし、転職をする理由が異分野への興味であったり、現在自分が行っている業務や業種から抜け出したいという理由であったりするならば、全くの異分野に飛び込むことになるので、また違ったアピールをする必要があります。もちろん新卒頃の就職活動のように全くのゼロからスタートするというのではなく、これまでの社会経験は決して無駄になりません。

例えば医療品と食料品は全くの別分野ですが、営業職ならば営業という仕事での共通点が多いので、これまでの自分の成績や達成したことなどはアピールとして強力なものになります。また営業から人事というような全く異分野であっても、現場で働いてきた経験や、社会人としての基本的なメールや電話でのマナーなどはアピール出来るので、ぜひ積極的に活用して下さい。

もちろん人事からデザイナーに転職するなどあまりにもこれまでの業務と関係の無い分野への転職の場合には、物理的に求められるスキルに達していないということもあります。

そうした場合には在職中に休日などを利用して職業訓練を行うなど、しっかりとした武器を身につける必要があります。しかし、こうした全くの異分野であっても、これまでの社会経験が一切無駄になることは無いので積極的に転職を行って下さい。